ハチミツにはつこい|レビュー&ネタバレ集

 

こんにちは、みぽるです!

 

『ハチミツにはつこい1巻』を読んでレビュー書いてみました♪

 

スポンサーリンク

 

椎名小春と杉浦夏生(なっちゃん)は小さい頃からずっと一緒。幼なじみのなっちゃんが大好きな小春。なっちゃんも小春が大好きだ。

 

高校生になると、小春はあることに気づく。なっちゃん女の子にモテるらしいと。そんな姿を見てなんだかモヤモヤする小春。自分に知らないなっちゃんがいるなんて。顔を見田だけでドキドキしてしまうこの気持ちって、なに?

 

幼なじみの「スキ」ってどんな「スキ」?この気持ちって「恋」なの?

 

そして、そんな大好きななっちゃんにも好きな人がいることに気づいてしまう―――。

 

画からも伝わってくるように、とにかくかわいいです。

 

お約束のような幼なじみのお隣さんあるあるのキュンポイントが目白押しです。

 

ベランダ越しにおしゃべりしたり、ベランダを飛び越えてキスしちゃったり、誰よりも近い存在と思っているので第3者が入ってきたときの嫉妬とか、独占欲むき出し!って感じで本当にかわいすぎます。

 

仲よく育って、誰よりも近い存在。ずっと一緒が当たり前。でもある日、今までとは違う感情に気づき、それは恋だと知っていくという、王道の幼なじみラブストーリー。

 

幼なじみの恋って、結局、誰も間に割り込めないんだなとわかってはいるのだけど、都築くんのように、叶わぬ恋、切ない片思いをするキャラも登場です。

 

ラブライブLP